熊野路

吉良川に富をもたらした紀伊の備長炭

室戸市吉良川に漆喰(しっくい)壁の美しい町並みが残っている。
古くから林業が盛んだった。木材や炭を京阪神に売り込んで富を築いた。

続きを読む "吉良川に富をもたらした紀伊の備長炭"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

熊野を考える(1)

 紀の国は木の国であり、鬼(き)の国でもある。つまり紀の国は木がたくさん繁っていて、鬼がいる土地柄ということになる。多くの本に書いてある。筆者の考えではない。イメージとしては、深い樹林が一帯をおおっていて、昼なお暗い。中上健次の世界でいえば『木の国、根の国』となる。ならば鬼ってのは何なのか。思いを語りたい。

続きを読む "熊野を考える(1)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

むかしの公証証書だった熊野牛王符

熊野牛王符というものがある。明治までごく普通に流通した。通貨ではない。証書の一種である。公証役場というものが現在残っているが、契約書をしたためる場合に公証役場は印を押した証書に書くことで社会的信用が増すのである。

続きを読む "むかしの公証証書だった熊野牛王符"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

伊勢路 | 熊野 | 熊野路