« 『潮騒』とゲータ祭と伊勢の営み | トップページ | 観阿弥と芭蕉を生んだ伊賀の風土 »

海賊と九つの鬼たち

 津市に住んでいたころ、時々行っていた居酒屋に「海賊」という店があった。店の造りはどうみても居酒屋なのだが、大将は自分のことをシェフと呼ばせてい た。店の看板には西洋料理などと書いてあって大将はフランス料理が得意だというのだが、多くの客は信じていないからそんな料理は注文しない。

 刺身の後になんとかブイヤベースとかいわれたら一気に酔いが回りそうになる。一度だけ大将が勝手にビーフシチューをつくってくれたことがある。その時はまだビールしか飲んでいなかったから確かにうまかったのだが・・・。

 話したいのは食べ物の話ではない。この大将は尾鷲市の九鬼(くき)という漁村の近くの出身である。氏神さまは九木神社、鬼の字はなくなっている。九鬼は 戦国時代に海将として名を馳せた九鬼義隆の出身地である。九鬼一族は源平の戦いで活躍した熊野水軍の末裔で、織田信長、豊臣秀吉につかえた。朝鮮戦役では 表面に鉄板を張り巡らせた日本丸という名の戦艦をつくり、李舜臣の亀甲船に唯一負けなかった。徳川の時代になって兵庫の三田と京都の綾部の藩主に転封さ れ、海との縁を切られた。

 この店を二度目に訪れたのは南アフリカのヨハネスブルグで出会った九鬼さんと飲んだ時である。この九鬼さんは商社マンで、おじいさんの代まで九鬼に住んでいた。九鬼一族の傍系の人であることを聞いていたのでご接待するなら海賊がぴったりだと考えたのである。

 任地に半年も住んでいると地名についてかなり知識を得ることになる。尾鷲から熊野にかけて面白い地名がたくさんあるのだが、僕が関心を持ったのは「鬼」 の名のつく地名だった。三重県だけでも、鬼の名のつく地名は二木浦(二鬼)、三木里(三鬼)、八鬼山(やきやま)、九鬼がある。

 以前、陸前の友だちが岩手県の九戸という村の出身だった。その友だちから、青森から岩手にかけて一戸、二戸、三戸、五戸、六戸、七戸、八戸、九戸と一か ら九まで「戸」の名のつく地名があることを知らされていた。「戸」ってなんだろう。分かったことは平安時代からここらには馬を飼育する牧場がたくさんあっ て、順番に一から九まで名を付けられたということだった。

 戸の代表的地名は神戸である。「こうべ」「かんべ」などと読む。神の戸だから神社が所有していた“領地”だった。ちなみに関東から東北にかけて戸のつく 地名は数多くある。まず江戸だ。水戸、松戸、登戸など上げればきりがないが、いずれも「と」と発音し、青森と岩手の「へ」と区別する必要があるのかもしれ ない。

 熊野は水軍が育った土地柄である。連想で思い付いたのは「戸」(へ)が馬なら「鬼」(き)は船かもしれないということである。水軍が一から九まであって その水軍を熊野別当が統帥していた。つまり戸は陸軍で鬼は海軍ということである。そう考えると鬼の名のつく地名が一から九まで組み合わされていたとしても おかしくない。素人考えの続きである。

 平安時代末期の陸奥は安倍、藤原の天下で、陸奥をなんとか朝廷の支配下に置こうと源義家らが戦った地である。戸と一から九までを組み合わせて地名としたのは源氏方であろうと考えた。先住民が地名に順番をつけるはずがないからである。

 そうなると話は俄然おもしろくなる。熊野水軍はもともとが平家方だった。宮廷で熊野信仰が盛んになるのは白川上皇からで、平清盛と時代を同じくする後白 河法王は熊野に34回も詣でている。朝廷と熊野信仰との蜜月時代である。宮廷の女官らにも熊野に連なる人々が多く輩出し、宮廷-平家-熊野の三位一体の時 代が一定期間続いたのである。

 その熊野水軍が源平の雌雄を決する壇ノ浦の戦いで平家から源氏にくら替えした。これが平家にとって最大の読み違えだった。これは歴史的事実である。弁慶 は熊野別当の湛増の子どもだったという説があって、紀州の田辺市では歴史的事実のように語られている。弁慶が熊野で寝返り工作したはずである。

 繰り返すが鬼の地名にはなんの根拠もない。素人の連想である。熊野市の中心地の木本で当地出身の演歌歌手である紀の川良子さんにその話をしたら、「木 本」(きのもと)はむかし「鬼本」(きのもと)と書いたのだそうだ。さも当たり前のように「だから木本は一鬼よ」というのだ。

 おー、やっぱりそうだったのか。一鬼が見つかってなんとも嬉しかった。木本、二木、三木と続いて、八鬼、九鬼がある。じゃあ四、五、六、七、はどこにあるのだ。住宅地図をなめるようにして調べたがみつからない。

 五鬼だけは見つけた。奈良県十津川村の北山川沿いに前鬼という在所がある。神代の時代、葛城山に住んでいた役小角(えんのおずぬ)が調伏した前鬼と後鬼 という夫婦の末裔が住む集落で、鬼の夫婦には五人の子どもがいて、それぞれ五鬼熊、五鬼童、五鬼上、五鬼助、五鬼継を名乗り、代々修験道の山伏たちの世話 をしてきたが、明治以降になって、五家は五鬼助だけになったという。名字だけではあるが五鬼は存在した。だがこの五鬼はどうやら水軍とは関係がなさそうな のである。

 だれか四、五、六、七の鬼の地名を知っていたら教えてほしい。(伴 武澄)

|

« 『潮騒』とゲータ祭と伊勢の営み | トップページ | 観阿弥と芭蕉を生んだ伊賀の風土 »

コメント

こんにちは!たまたま尾鷲で検索し順番に
ブログを拝見していたところ、たどり着きました。
結構前の日記なので、もうご存知かもしれないなと思ったのですが
気になりましたのでコメントしちゃいました。

尾鷲の市議会議員さんのブログに同じ内容のことが書かれてるのを
見つけましたので、確認してみてください☆(コメント欄のところです)

http://mikikazu.exblog.jp/9880997/

投稿: とらっち | 2010年2月25日 (木) 17時20分

とらっちさん
ありがとう。
『「鬼の国くまの」を研究している人の話では、鬼ヶ城があるように鬼の本(木ノ本)ではと言うことらしいです。一鬼(御浜町市木)・四鬼(御浜町尾呂志)・五鬼(下北山村前鬼)・七鬼(尾鷲市七鬼の滝)で六鬼の六は碌なことないと縁起を担ぎ無としているようです。』
五鬼は知っていましたが、四鬼と六鬼はそういう伝説があるんでしょうね。
一度、地元の図書館でも調べなくてはいけないですね。

投稿: 伴 武澄 | 2010年2月26日 (金) 15時12分

名字の由来を辿ってみたらここにつきました。
自分の家族以外の三鬼に会った事がないので、少し知れてうれしいです。

投稿: 三鬼 | 2016年8月15日 (月) 23時53分

神戸の裏六甲の唐櫃村には役行者の子孫?の四鬼家という家があったそうです。
また六甲山側の摩耶ケーブル駅すぐ上に五鬼城跡というのがあって、昔五鬼氏が城を構えていたそうです。熊野と神戸は何か関係がありそうですね。

投稿: 通りすがり | 2016年9月10日 (土) 01時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224454/47283712

この記事へのトラックバック一覧です: 海賊と九つの鬼たち:

« 『潮騒』とゲータ祭と伊勢の営み | トップページ | 観阿弥と芭蕉を生んだ伊賀の風土 »