« 2009年9月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年1月

観阿弥と芭蕉を生んだ伊賀の風土

Img_746686_58461236_1  伊賀は甲賀とともに忍者の里である。伊賀は律令制度下の伊賀国であるが、甲賀は近江国の一角である。行ってみるまでは実感はないが、ふたつの忍者の里は緩やかな山並みをはさんで南北に隣り合わせている。

 伊賀や甲賀がなぜ忍者の里になったのか、不思議である。忍びというからには、ともに山がちな地形を想像したくなるが、これがそうでもない。伊賀も甲賀も 盆地であり、豊かな田園が広がる。古代からの日本の幹線道である東海道は甲賀のど真ん中を貫き、伊賀の東北部を通る。だから決して人里離れた里ではなかっ た。そうと分かるとなおさら「なぜ」という疑問が強まる。

続きを読む "観阿弥と芭蕉を生んだ伊賀の風土"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

海賊と九つの鬼たち

 津市に住んでいたころ、時々行っていた居酒屋に「海賊」という店があった。店の造りはどうみても居酒屋なのだが、大将は自分のことをシェフと呼ばせてい た。店の看板には西洋料理などと書いてあって大将はフランス料理が得意だというのだが、多くの客は信じていないからそんな料理は注文しない。

 刺身の後になんとかブイヤベースとかいわれたら一気に酔いが回りそうになる。一度だけ大将が勝手にビーフシチューをつくってくれたことがある。その時はまだビールしか飲んでいなかったから確かにうまかったのだが・・・。

続きを読む "海賊と九つの鬼たち"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

『潮騒』とゲータ祭と伊勢の営み

Kamisima2_2  2005年02月16日の日記である。まだ公開していない文章を紹介したい。

 日曜日に神島に行こうと決めて、土曜日の午後、近くの書店で三島由紀夫の『潮騒』(新潮文庫)を買った。夜、その本を読みながらインターネットで鳥羽から神島への船便を検索した。                         
                        
 一周しても一時間足らずの小さな島であるが、午前の便で着いたら、午後3時半にしか帰りの便がないことを知った。どうやって時間も過ごすのだろうと考え たが、行ってみると時間はそう余らなかった。 『潮騒』は一夜では読み切れなかったから、鳥羽からの船で続きを読み始めた。連絡船はポンポン蒸気に毛の生えた51トンの小さな船だった。224人乗りの 船に客は十数人だった。途中菅島に寄ったら、乗船客は名古屋からのアベックと僕だけになった。

続きを読む "『潮騒』とゲータ祭と伊勢の営み"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2010年10月 »