« 「あいうえお」の発明 | トップページ | 飛鳥山と熊野をつなぐ800年 »

松阪山中の奥墓

 しきしまの大和心を人とはば 朝日ににおふ山桜ばな

 あまりにも人口に膾炙された本居宣長のうた。国学の開祖の一人である宣長の墓は松阪市郊外の山中にある。生前自ら設計した通りにつくられ、そこに一本の山桜を植えるよう命じた。宣長が死んだのは1801年だからすでに200年以上の歳月が経つ。

DSCF0010.JPG

 200年前に植えられた山桜ではないが、今も宣長の奥墓には一本の山桜が立つ。周りの桜が盛りを過ぎたころ、その一本の山桜が花をつかせる。宣長 の山桜は山の杉の木立に競うように上へ上へと伸びている。ひょろ長い桜木は美しいとはいえないが、この時期、遠路訪れた旅人の心を潤わすものがある。

 宣長がひとかどならぬ桜狂となるには理由がある。長く実子に恵まれなかった父親が吉野の水分神(みまくりのかみ)に通ってようやく生まれたのが宣 長だった。自ら吉野の桜の精と信じたとしても不思議でない。晩年、門人たちを引き連れてこの時期、吉野へと旅立ち、『菅笠日記』をものにした。桜追慕の旅 日記である。

DSCF0008.JPG
 宣長の生涯の師匠となった賀茂真淵もいい桜のうたを残している。

 うらうらとのどけき春の心より にほひ出でたる山桜ばな

 もろこしの人に見せばや三吉野の 吉野のやまの山桜ばな

|

« 「あいうえお」の発明 | トップページ | 飛鳥山と熊野をつなぐ800年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224454/46089048

この記事へのトラックバック一覧です: 松阪山中の奥墓:

« 「あいうえお」の発明 | トップページ | 飛鳥山と熊野をつなぐ800年 »