« 注連縄 蘇民将来子孫家門 | トップページ | 神戸と神田 »

上賀茂の祖先はヤタガラス

 正月に京都の上賀茂神社を訪ねて驚いたことがあった。松村権禰宜によると鴨氏の先祖は八咫烏(ヤタガラス)だというのである。日本書紀によると、神武天皇の東征に当たり、熊野から大和に導いたのが3本足のカラス、八咫烏だったとされる。

 元々は、中国の仙境、崑崙にいたとされる西王母伝説の中に9つの太陽とともに3本足の赤いカラスが登場する。八咫烏の八咫(ヤタ)は大きなという 意味だそうで、「八咫鏡」などの用法がある。広辞苑によると「神魂命(かむむすびのみこと)の孫、賀茂建角身命(かもたけつのみのみこと)の化身」なのだ そうだ。八咫烏は日本サッカー協会(JFA)のシンボルマークにもなっている。

 熊野本宮に行くと、カラス文字で書かれた午玉宝印(ごおうほういん)という不思議なお札がある。

|

« 注連縄 蘇民将来子孫家門 | トップページ | 神戸と神田 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224454/42576689

この記事へのトラックバック一覧です: 上賀茂の祖先はヤタガラス:

« 注連縄 蘇民将来子孫家門 | トップページ | 神戸と神田 »