« 高鴨神社 | トップページ | 上賀茂の祖先はヤタガラス »

注連縄 蘇民将来子孫家門

Dscf0021a_3  ある村に二人の兄弟がいました。旅をしていた素戔嗚尊が一夜の宿を探していたところ、お金持ちの弟の巨旦(きょたん)はスサノオの汚れた身なりを見てことわりましたが、貧しい兄の蘇民将来は家に招き入れもてなしたため、スサノオは今後この護符をつけるように蘇民将来に教え、そのおかげで蘇民将来は疫病や災難を免れたといいます。

 伊勢市では年がら年中、注連縄を玄関に飾っている。それもかなり大降りだから目立つ。半分ぐらいの注連縄には「蘇民将来子孫家門」と書かれてある。

 調べると、上のような説明になるらしい。時代は分からない。

 

川村湊は『牛頭天王蘇民将来伝説』(作品社、2007)にて武塔神(むとうしん)と妻女頗梨采女(はりさいじょ)の関係と朝鮮土俗宗教である巫堂(ムーダン)とバリ公主神話(パリ公主神話)の関係について関連があるではないかとの説を述べている。

 

蘇民将来最古の文献 http://mryanagi.hp.infoseek.co.jp/new_page_15.htm

|

« 高鴨神社 | トップページ | 上賀茂の祖先はヤタガラス »

伊勢路」カテゴリの記事

コメント

尾鷲市の早田はこの風習があります
御札は早田の観音寺で受けます
以前正月2日のお弓の行事の的の残りで作成
観音寺の住職が一枚一枚書きます
裏には急急律令と書かれています
他には玄関に立てる八満大鬼王の札二本裏は悪魔退散
も受けます
玄関の注連縄は一年掛けます
材料は早田地区の区有林から毎年切り出されます

投稿: ひがし | 2009年6月 4日 (木) 22時33分

ソ とは朝鮮語で牛
牛頭天王も朝鮮系ということだな。

漢字は中国本土よりも半島経由で
日本に入ってきてる。
当時の半島は漢字文化圏
ハングルのカケラも無い時代
漢字と仏教が半島から伝わった
それが伝播して
神道と混淆してこういう風習になったのだと思われます。
コタンはアイヌのことでしょうね。
日本の中の異民族だから排斥対象に転嫁されたんですね。
蘇民は渡来人なんですね。

投稿: イルボンサラム | 2010年1月 8日 (金) 17時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224454/42576678

この記事へのトラックバック一覧です: 注連縄 蘇民将来子孫家門:

» 私書箱 [激安!池袋の私書箱新規オープンです]
池袋の私書箱の紹介です [続きを読む]

受信: 2008年9月24日 (水) 16時21分

« 高鴨神社 | トップページ | 上賀茂の祖先はヤタガラス »