« むかしの公証証書だった熊野牛王符 | トップページ | 吉良川に富をもたらした紀伊の備長炭 »

熊野を考える(1)

 紀の国は木の国であり、鬼(き)の国でもある。つまり紀の国は木がたくさん繁っていて、鬼がいる土地柄ということになる。多くの本に書いてある。筆者の考えではない。イメージとしては、深い樹林が一帯をおおっていて、昼なお暗い。中上健次の世界でいえば『木の国、根の国』となる。ならば鬼ってのは何なのか。思いを語りたい。

 江戸時代の豪商、紀伊国屋文左衛門は「きのくにや」と読むのだが、どうして「紀伊国」が「きのくに」となるのか不思議に思う方も少なくないと思う。実は旧国名の紀国は「きー」と読みが長音化し、さらに「きい」と二音節化してやがて「紀伊」となったという。奈良時代、朝廷は「国名は二字」と決めた。

 江戸時代の紀伊国は現在の和歌山県と三重県の南部を併せた広がりを持っていた。現在の紀伊半島の南部の広い地域は古来、熊野と呼ばれていた。熊野国があったという説もないわけではないが、不思議なことに昭和になって三重県熊野市や和歌山県熊野川町(現田辺市)が生まれるまで「熊野」が付く地名はなかった。あったのは熊野本宮という神社名と官職としての熊野別当。あとは熊野川、熊野灘という水域名だけである。今は和歌山県西牟婁郡、同東牟婁郡、三重県南牟婁郡、同北牟婁郡という行政区になっているからややこしい。

「紀伊」と「紀国」

 熊野は古来、神仏混交の祈りの場だった。

 熊野には昭和31年まで電灯のなかった村があり、紀勢本線が全面開通するのが同34年だったから、熊野が近年まで鬼のすみかだったとしても不思議ではない。

 熊野市の中心は木本町(きのもと)という。南牟婁郡の8カ町村が昭和29年11月に合併する前の町名である。JRの駅もこの木本町にある。かつての熊野詣の宿場町の風情をかすかに残す街並みがある。そのむかし鬼本町といった。恐ろしいげな町名である。「町名に鬼がつくのはいかにも」と考えてそのむかし鬼が木に変わったそうだ。

 その話を聞いて、瀬戸内海の女木島を思い出した。高松の沖合にある小さな島で、桃太郎の鬼がいた伝説がある。別名、鬼ケ島である。男木島もあるから、本来は対で男鬼島と女鬼島だったはずだ。鬼が木に変わった地名は全国津々浦々にある。(続)

|

« むかしの公証証書だった熊野牛王符 | トップページ | 吉良川に富をもたらした紀伊の備長炭 »

熊野路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224454/16860282

この記事へのトラックバック一覧です: 熊野を考える(1):

« むかしの公証証書だった熊野牛王符 | トップページ | 吉良川に富をもたらした紀伊の備長炭 »